忍者ブログ

濃飛新報

[ 2019年4月 岐阜県議会議員選挙, 岐阜市議会議員選挙 ]

山本太郎 参議院議員、「安倍晋三自宅放火未遂事件」について安倍首相に質問

2018年7月17日(火)、参議院 内閣委員会における「特定複合観光施設区域整備法案(通称: カジノ法案)」の審議で、山本太郎 参議院議員が、安倍晋三 内閣総理大臣に対し、直接、「安倍晋三自宅放火未遂事件」について質問しました。

本事件が国会で取り上げられたのは、初めてのことです。

文字起こしを下記に記載します。


■ 2018年7月17日(火) 参議院 内閣委員会 山本太郎 参議院議員の質疑

(柘植芳文 参議院 内閣委員長「次に、山本太郎君。」)

(山本太郎 参議院議員「(挙手をして)委員長。」)

(柘植芳文 参議院 内閣委員長「はい、山本太郎君。」)

自由党 共同代表、山本太郎です。社民との会派「希望の会」を代表し、お訊き致します。
カジノへの懸念の1つ、これがマネーロンダリングだったりとか、暴力団の資金源になる可能性、こういうことが言われると思います。
資料の1と2、これまでの国会におけるカジノへの暴力団排除に万全を尽くすとの総理のご発言を集めました。
その監視強化を司る、カジノ管理委員会についても言及されています。
これは総理のご発言では、えーとですね、何ですかね、あの、総理のご発言にもある通り、本法案の法文上にも暴力団員等を排除する部分というのは、カジノ事業を行うIR事業者、主要株主、契約先、従業員、施設の供用事業者、カジノ関連機器の製造・輸入・販売・修理業者、カジノ施設への入場者、滞在者に至るまで、暴力団を排除することが定められているんですけれども、ひとつ懸念があるんです。
ここは、総理にですね、短くお答え頂けると助かるんですが、暴力団そのものではなく、暴力団とつながりがある、そのような人もしっかりとチェックして、もしも、まずい場合は、しっかりと取り締まって頂けるということで宜しいんでしょうか、総理。

(安倍晋三 内閣総理大臣と石井啓一 国土交通大臣が、顔を見合わせて相談、後ろから官僚が文書を持ってきてレクチャー。)

(柘植芳文 参議院 内閣委員長「はい、安倍 内閣総理大臣。」)

この、犯罪の発生の予防その他、カジノ施設等における秩序の維持を図る観点から、カジノ施設の利用が不適切であると認められるものについて、カジノ施設の利用の禁止制限の措置を講ずることを義務付けることとしておりますので、そういう対象となるものであれば、それは禁止することができるということでございます。

(山本太郎 参議院議員「(挙手をして)委員長。」)

(柘植芳文 参議院 内閣委員長「はい、山本太郎君。」)

すみません、あの、これ前に振ってなかったので、ちょっと、あの、戸惑わせちゃったところもあるのかなと思うんですけれども、まぁ、あの、暴力団関係者のみじゃなく、そことつながりがあって、何かその裏に何かあったりとかする場合にもしっかりと対処して頂けるというような、法文上は、そのような取り決めになっているとは思うんですが、カジノ管理委員会を任命するのは総理大臣です。
その任命者である総理ご自身にも「廉潔性」、求められると思います。
カジノ管理委員会のメンバーにも廉潔性が求められるように、その任命者である総理大臣にも、廉潔性が求められるのではないかと思うんですけれども、総理ご自身は、暴力団またはそれら勢力とつながりがある人物とのお付き合い、もしくは関係、仕事を発注などしたことはありますか?

(柘植芳文 参議院 内閣委員長「はい、安倍 内閣総理大臣。」)

それは、全くございません。

(山本太郎 参議院議員「(挙手をして)委員長。」)

(柘植芳文 参議院 内閣委員長「はい、山本太郎君。」)

今、巷で少し話題になっていることについて調べてみたんですけれども、1999年4月18日告示、4月25日投開票、総理のお膝元、山口県で行われた下関市長選挙、この選挙が終わった後、総理の身の回りで様々な物騒な事件が起こったといいます。

資料の3、2000年6月28日、毎日新聞 西部夕刊、赤いライン部分を読みます。
『「安倍晋三 衆議院議員、今度は事務所被害。 窓割られ、火炎瓶?」
28日午前9時頃、山口県下関市 安倍晋三 衆議院議員の後援会事務所の窓ガラスが割られ、事務所の屋内外に火炎瓶のようなものが1本ずつ、計2本置かれているのを、出勤してきた職員が発見し、110番通報。17日未明には安倍議員の自宅車庫の車2台が火炎瓶のようなもので焼かれており・・・・・・』と続いています。
この他にもですね、総理に関連する建物に、火炎瓶が投げられる事件が何件も起こった。
これについて、4名が逮捕され、裁判が終わり、判決へ、という話なんですけれども、資料の4の1、この時の判決書、それが裁判があって、判決が出ましたと。
この時の判決書は裁判所のホームページでもご覧頂けます。

資料の4の2、火炎瓶事件で逮捕された方々の判決文。
「被告人Aは、指定暴力団D組長、同Bは、同Aと親交を結ぶ者。
同cは上記D組副組長であるが、被告人3名はEおよびFと共謀のうえ、同Bが怨みを抱いていた衆議院議員Gの後援会事務所あるいはG方に火炎瓶を投げ入れて、これらに放火しようと企て・・・・・・」
とあります。
つまり、指定暴力団D組長のAさん、この方のお友達、Bさんが衆議院議員Gさんに怨みを持った。
衆議院議員Gさんって、総理のことなんですね。

資料の4の3、再び判決文
「被告人BがG議員に対し、怨恨を持つに至った経緯
被告人Bは、G議員の地元秘書で、かねてから交際していたWに対し、平成11年に行われた下関市長選挙で、自派と対立するX候補を当選させないように活動して貢献したと主張。
金員の支払を要求し、300万円の提供を受けた。」
というような内容が書かれているんですね。

続いて、資料の4の4。
『被告人Bは下関市長選で、X候補をG議員側から頼まれて、当選させないよう活動したのに、G議員の秘書に嵌められて、警察に逮捕された。
「決まっていた仕事も流れてしまった。その点の補償もさせる、許せん。」
などと恨み言を言っていた。』

これ、ご紹介したのは、私が作文したわけではなく、判決書なんですね、判決文。
最高裁に持ってきて頂きました。
これ、読んで、シンプルに一番の問題何なのかなって考えると、暴力団とつながりのある人物に対して選挙妨害の仕事を依頼したのがG議員側っていう話なんですよ。
「廉潔性」、カジノ管理委員会に求められる、「廉潔性」。
これ、辞書で引くと、心が清く、私欲が無く、行いが正しいという意味。
そことは懸け離れた感覚。
選挙妨害を発注するような人間が、廉潔性を求められる管理委員会の任命者で、クリーンなカジノを目指すなど、言ってる意味分からないんですけどって話なんですね。
これらが事実ならば、まぁ、事実ならばというよりも、もう、これ、既に判決書に書かれている話ですから、これ、「カジノ自体を止めるか、総理が辞めるか。」、まず、これ、どっちか決めて頂かなければ、話、前に進まないと思うんですけれども、総理、いかがでしょうか?

(柘植芳文 参議院 内閣委員長「はい、安倍 内閣総理大臣。」)

これ、あの、今、委員が、例として挙げられた件でございますけれども、いずれにせよ、この件はですね、有罪判決が下っているわけでありまして、被疑者は処罰されたものでありまして、私どもは、これ被害者でございます。
そして、資料の4を読んでおられましたが、
それは、この有罪判決が下った人物、この下った人物は恐喝をしですね、これは、私どもだけではなくて、えー、あの、様々な、そういう、えー、過去も指摘されているわけでございますが、その人物がですね、こう言っていたということを紹介をして頂いたんだろうと、えー、思うわけでございまして、私は、一切こういう恐喝には屈しなかった中において、先方がですね、えー、私が寝ている、車庫というご指摘がございましたが、私の家自体、私も妻も寝ていた家屋にですね、火炎瓶を投げ入れたわけでございまして、投げ入れさせたわけでありまして、暴力団に依頼をして、そういう行為をさせたわけでありまして、えー、そういう、向こう側からのですね、いわば、恐喝ゆすりには私は一切屈しなかったから、このようなことが何回か起こったわけでございますが、幸いですね、えー、この、首謀者も、えー、捕まり、えー、これは、判決が下り、処罰がなされたと、いうことだろうと、思うわけでございまして、これは、むしろ、私が関わりがあるということでは全くなくてですね、私は一切の関わりを断ってきた中において、発生した事件であるわけでございます。
そして、既に、判決が下り、本人は処罰されているということでございます。

(山本太郎 参議院議員「(挙手をして)委員長。」)

(柘植芳文 参議院 内閣委員長「はい、山本太郎君。」)

はい、判決が下り、処罰が下された、我らは被害者であると、確かにそういう判決です、あの、その方向性で裁判につながっていった話だと思うんですけれども、私が話しているのは、その前の話なんです。自分達が応援している陣営、これを有利になるために、相手陣営に対して選挙妨害をするように発注をしたと、その発注したことに対する見返りが少ないじゃないか、約束が違うじゃないかということで、おそらくこの方、犯行に及ばれている、犯行に及んだ、というような流れになっているんですね。
だから、私達は被害者である、という以前の問題で、暴力団員とつながりのあるような人間に対して民主主義の根底を引っくり返すような選挙妨害、これを発注するということに対して、大問題であると、当然じゃないですか、これ、当たり前ですよ。
そのような仕事、いわば汚れ仕事を堂々と発注できるような人間が、この国の総理であり、そして、このバクチを解禁するということにおいて、それをしっかりと、暴力団員と関わらないようにするねっていうことの監視役、その総元締めであるカジノ監視委員会を任命する立場にあるなんて、笑い話でしかないですよ。
現実なんですから、悲劇でしかないですね。

過去の新聞記事、地方版に至るまで数ヶ月かかって調べました。
この記事に対して、これまで総理や総理の事務所はほとんどはっきりとした声明を出していない。
「捜査中につき、コメントを控える。」
「公判中につき、コメントを控える。」
「コメントなし。」
判決後も、有耶無耶にやってしまっている。
今、どちらかというと、初めて、総理側からの、しっかりとしたご本人からのご答弁をお聞かせ頂いたと思うんですね。
まぁ、暴力団員とつながる、つながりがある人物に選挙妨害を依頼したのが、総理なのか、安倍晋三事務所だったのか、それ自体を否定するのか、これに関しては、今日は一度、横に置かして頂こうかなと思います。
なぜならば、緊急性の高い案件、災害対応について、総理にお願いしたいからです。
まぁ、もし、災害対応について、快いお答えが頂けなければ、もう一度、この話に戻ってもいいんですけれども、話を進めたいと思います。

(以降、災害対応の質問)

[文字起こし だいたい完了]

※ 誤りのご指摘は、大歓迎です。

※ ご自由に、無断で転載、修正、SNSでの拡散をして下さい。


[ 情報源: 『平成19年3月9日宣告 裁判所書記官 中間博文 平成14年(わ)第294号, 第382号, 第776号, 第992号, 第1097号, 平成15年(わ)第1106号, 第1241号, 平成16年(わ)第109号 判決』/ 福岡地方裁判所 小倉支部 第1刑事部 / 2007年3月9日 / http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/547/034547_hanrei.pdf ]

判決文の登場人物・登場団体

被告人A = 高野基 氏(当時の工藤会の組長)
被告人B = 小山佐市 氏(土木関係会社「恵友開発」元会長)
被告人C = 池田利彦 氏(当時の工藤会の副組長)
指定暴力団D = 工藤会(北九州市を本拠地とする暴力団)
E = 不明(当時の工藤会の組員)
F = 不明(被告人Aの妻の弟、当時の工藤会の組員)
衆議院議員G = 安倍晋三 衆議院議員
W = 佐伯伸之 秘書(当時の安倍事務所の地元秘書)
X = 古賀敬章 候補(安倍事務所陣営が応援していた江島潔候補の対立候補)


[ 情報源: 『「安倍氏秘書が見返り金」、放火事件公判で検察指摘』/ 朝日新聞 / 2006年7月12日 / http://web.archive.org/web/20060718044711/http://www.asahi.com/national/update/0712/SEB200607120047.html ]



「安倍晋三自宅放火未遂事件」について、詳細を知りたい方は、下記のアクセスジャーナルの記事をご覧下さい。

 また、Twitterで、山岡俊介氏(@yama03024)、寺澤有氏(@Yu_TERASAWA)、沙羅双樹の花氏(@sarasoujunohana)をフォローすると、本事件の最新情報を知ることができます。



[ 情報源: 『スクープ! ポスト加計疑惑ーー解明「安倍首相自宅放火未遂事件の闇」(1)「存在した3つの“念書”」』/ 山岡俊介 (アクセスジャーナル) / 2018年6月9日 / http://www.accessjournal.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=8582 ]

[ 情報源: 『スクープ! ポスト加計疑惑ーー解明「安倍首相自宅放火未遂事件の闇」(2)「獄中から安倍首相に宛てられた手紙の“密談”内容」」』/ 山岡俊介 (アクセスジャーナル) / 2018年6月12日 / http://www.accessjournal.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=8584 ]

[ 情報源: 『スクープ! ポスト加計疑惑ーー解明「安倍首相自宅放火未遂事件の闇」(3)本紙・山岡が動画で解説』/ 山岡俊介 (アクセスジャーナル) / 2018年6月12日 / http://www.accessjournal.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=8586 ]

[ 情報源: 『スクープ! ポスト加計疑惑ーー解明「安倍首相自宅放火未遂事件の闇」(4)口封じのデッチ上げ逮捕まで画策か!?』/ 山岡俊介 (アクセスジャーナル) / 2018年6月14日 / http://www.accessjournal.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=8588 ]

[ 情報源: 『スクープ! ポスト加計疑惑ーー解明「安倍首相自宅放火未遂事件の闇」(5)「本紙・山岡、新宿西口駅前で演説(解説)」』/ 山岡俊介 (アクセスジャーナル) / 2018年6月16日 / http://www.accessjournal.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=8590 ]

[ 情報源: 『スクープ! ポスト加計疑惑ーー解明「安倍首相自宅放火未遂事件の闇」(6)闇に葬り去られた!? 安倍事務所カチコミ事件など』/ 山岡俊介 (アクセスジャーナル) / 2018年6月20日 / http://www.accessjournal.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=8594 ]

[ 情報源: 『スクープ! ポスト加計疑惑ーー解明「安倍首相自宅放火未遂事件の闇」(7)安倍首相と放火未遂犯が直に関わる証拠2点』/ 山岡俊介 (アクセスジャーナル) / 2018年6月24日 / http://www.accessjournal.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=8601 ]


[ 情報源: 『山本太郎 参議院議員、「安倍晋三自宅放火未遂事件」について安倍首相に質問』 / 2018年7月17日 / https://note.mu/nora_journal/n/nf7d836189788 ]
PR

コメント

プロフィール

HN:
濃飛新報
性別:
非公開
自己紹介:
 無党派の筆者による, 無党派の岐阜県民・岐阜市民のための地方自治分析.
 県民・市民ひとりひとりが行政を監視できるよう, 情報源を整理.
 利子・負債を生まない自由貨幣型の地域通貨, 県営の地熱発電所, 農業公共事業に夢を見る.

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

フリーエリア


■ twitter