忍者ブログ

濃飛新報

表現の自由に関する偉人の言葉

日本国憲法

 第19条
  思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

 第21条
  第1項
   集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
  第2項
   検閲は、これをしてはならない。
   通信の秘密は、これを侵してはならない。



わずかな安全と引き替えに、少しでも自由を制限するような社会は、やがて安全と自由のどちらにも相応しいものではなくなり、最終的には両方を手放すことになる。
   ベンジャミン・フランクリン ( 米国 / 政治家 / 1706年1月17日 ~ 1790年4月17日 )   



自らの自由を確実なものにする人は、敵すら抑圧から守らなければならない。
なぜなら、この義務に違反すれば、いずれその前例は作った本人に及ぶことになるからである。
   トマス・ペイン ( 米国 / 政治哲学者 / 1737年1月29日 ~ 1809年6月8日 )



異端者や極度に頽廃的な意見の擁護者がいなくては、いかなる国民も繁栄しない。
いや、存続することさえできない。
   トーマス・カーライル ( 英国 / 歴史家 / 1795年12月4日 ~ 1881年2月5日 )



1人を除く全人類が同一の意見を持ち、ただ1人が反対の意見を抱いていると仮定しても、人類がその1人を沈黙させることは不当である。
それは、仮にその1人が全人類を沈黙させられる権力を持ち、それを実際にすることが不当であるのと同じである。
   ジョン・スチュアート・ミル ( 英国 / 哲学者 / 1806年5月20日 ~ 1873年5月8日 )



すべての権力は腐敗する。
絶対的な権力は、絶対的に腐敗する。
   ジョン・アクトン ( アクトン卿 ) ( 英国 / 政治家 / 1834年1月10日 ~ 1902年6月19日 )



ヘドが出るような思想に対しても表現の自由が保障されなければ、本物の自由とはいえない。
   ノーム・チョムスキー ( 米国 / 哲学者 / 1928年12月7日 ~ )



歴史を見れば、ほとんどの独裁体制が、清教徒的な性格を持っていたことがわかる。
スターリン時代のソビエト、ヒットラー時代のドイツ、毛沢東時代の中国・・・・・・
独裁者は人間の性を制御することが、すなわちその人間を制御することだと知っているのである。
   ピート・ハミル ( 米国 / ジャーナリスト / 1935年6月24日~ )



今や「ポルノグラフィ」は、マッカーシー時代の「共産主義」と同じく便利な言葉となっている。
検閲の対象となるすべての人や作品に「ポルノグラフィ」の烙印を捺せばいいのだ。
   American Civil Liberties Union ( 米国自由人権協会 / 1920年設立 ~ )



dokuninjin ( 2015年11月1日 ) 「【Full.ver】表現の自由を守る名言集」, < http://www.nicovideo.jp/watch/sm27494882 >   ( 参照 2016-9-30 ). より引用
PR

コメント

プロフィール

HN:
濃飛新報
性別:
非公開
自己紹介:
 無党派の筆者による, 無党派の岐阜県民・岐阜市民のための地方自治分析.
 県民・市民ひとりひとりが行政を監視できるよう, 情報源を整理.
 利子・負債を生まない自由貨幣型の地域通貨, 県営の地熱発電所, 農業公共事業に夢を見る.

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

フリーエリア


■ twitter